名古屋、名東、守山、天白、千種、日進、長久手の姿勢・体幹・骨盤矯正、交通事故の施術はねじまき接骨院へ!

 

 
 
 
 
 

病院から転院可能!自己負担もゼロで施術できます。

交通事故で損する人、多いんです。

ねじまき接骨院では、自賠責保険による施術(交通事故施術)ができます。
患者さんの費用負担はありませんので安心して施術を受けられます。
 
「交通事故直後から通院までの流れ」
 
1.警察、保険会社に連絡する
2.加害者の情報収集、目撃者の確保、事故現場の記録
3.病院で医師の診断を受ける
4.警察で人身事故扱いの届出
5.保険会社の担当者に、ねじまき接骨院に通院する事を伝える
6.ねじまき接骨院に通院開始
 
 
「人身事故と物損事故」
 
交通事故は、大まかに分類すると人身事故と物損事故があります。
 
人身事故は・・・怪我人を出してしまった交通事故です。
物損事故は・・・物を壊すのみで怪我人が出ていない事故です。
 
注意して頂きたいのは人身事故のみが自賠責保険適用となります。
物損事故は自賠責保険の対象外なので、
基本的に自腹か任意保険で対応となります。
 
「自賠責保険とは」
 
自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険の2つがあります。
 
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は「強制保険」とも呼ばれ、
公道を走るすべての自動車やバイク(原付も含む)の所有者と運転者に加入が義務付けられています。
 
「交通事故被害者が泣き寝入りする事なく、最低限の補償を受けられるように」
と国が始めた被害者の救済を第一の目的とした保険制度ですので、
加入は義務となり、無保険運転は違法になります。
 
「加害者が自賠責保険に加入していない」
 
義務の自賠責保険に未加入、もしくは有効期限切れの車両に損害を受けた場合や
ひき逃げにあって加害者の特定が出来ない場合、
国が代わって賠償金の支払いを行う自動車損害賠償保障事業という制度があります。
                          
政府保障事業への請求は、自賠責保険を扱っている損害保険会社であれば
必要書類がありますので請求の手続きが出来ます。
 
請求出来るのは被害者のみで、加害者から請求は出来ません。
 
自賠責保険といくつか相違点がありますので、
詳しくは損害保険会社の窓口にお問い合わせ下さい。
 
「自賠責保険における慰謝料」
 
自賠責保険における慰謝料は「自賠責法」で定められています。
 
慰謝料は、通院した日数×2か通院期間の日数を比較して少ない方が適用されます。
(通院実日数×2)×4200円または総通院日数×4200円のどちらか少ない方になります。
 
限度額は120万円で、この限度内で支払われます。
 
自賠責保険は、人身事故のみですので物損事故の場合支払ってくれません。
警察署で必ず人身事故として届け出てください。
 
「どこの医療機関にかかるかは自由です」
 
相手保険会社が特定の医療機関を勧めてくる場合がありますが、
どこの医療機関にかかるかは被害者である患者さんに決定権があるので、
どこに通院するかは患者さんが決めることができます。
相手保険会社や加害者が強制する事はできません。
 
また、相手保険会社側の都合で施術打ち切りを催促される事がよくありますが
相手保険会社が施術の中止を強制する事はできませんので、
つらさがまだあるようでしたら施術を中止しなくても大丈夫です。
 
この辺は実際に院内で詳しくお話しいたします。
1、事故発生直後

1、事故発生直後

まずは警察と保険会社にかならず連絡をしましょう。

連絡をしないと事故があったこと自体の証明が
できない恐れがあります。
そして、加害者(相手)の免許証を確認し、
指名、住所、電話番号、勤務先、加害者(相手)の車のナンバー、
保険会社(自賠責保険、任意保険)の確認をしましょう。
 
被害者の自分自身の保険会社への連絡も
忘れないようにしましょう。

 

2、証人の確保と現場の記録

2、証人の確保と現場の記録

事故の目撃者がいる場合は、
その人の証言や氏名・連絡先を確認し、
必要ならば証人になってもらえる様に頼んでおきましょう。

加害者が事実と異なる証言をしてきた場合等に
助けになってくれます。

また事故現場の痕跡、加害車両、被害車両も色々な角度から
携帯電話のカメラ等で写真を撮っておきましよう。

ドライブレコーダーの映像も助けになります。
搭載しておけると良いでしょう。

 

3、病院で医師の診断をうける

3、病院で医師の診断をうける

外見ではケガがなかったり、あっても軽いと思う場合でも
かならず検査を受けてください。
直後は何ともなくとも、後日症状が現れることが
非常に多いのが交通事故の症状です。
その際、病院で診断書を発行してもらいましょう。

ここで重要なのがきちんとすべて痛いところが
記載されているかをチェックすることです。

例えば、首と背中と腰を痛めているのに、
首のケガとしか記載がなければ後から不利になることがあります。

4、交通事故証明書の発行

4、交通事故証明書の発行

事故発生場所の所轄の警察署へ行き、診断書を提出し
「人身事故扱い」にしてもらいましょう。
 
これをしないと、その交通事故は物損のみの
事故扱いになってしまう場合があります。
その後、保険会社に保険金を請求する時に必要な
「交通事故証明書」を自動車安全運転センターで
発行してもらいましょう。
 
 
「交通事故証明書」は警察への届け出がないと
発行されませんので、かならず警察へ
「人身事故」として届け出るようにしましょう。

 

5、保険会社への連絡

5、保険会社への連絡

加害者の加入している保険会社へ連絡し、

人身事故の担当者にねじまき接骨院に通院する旨、
ねじまき接骨院の住所・電話番号をお伝え下さい。


〒465-0063愛知県名古屋市名東区新宿2-58
電話 052-704-7756
 
施術に関する保険会社との手続きは当院が行います。
6、ねじまき接骨院で通院開始

6、ねじまき接骨院で通院開始

保険会社への連絡が終わりましたら、通院開始となります。

予約不要で自己負担金もかかりませんので、ご安心ください。
 
連絡に関して不明な点などお気軽にどうぞ。
また、知らないと損する知識などもお話ししていきます。
 
 
 
ホームページ作成方法